Trusstech株式会社トラステック

Company会社案内

代表あいさつ

弊社は70年以上の歴史を持ち、東北最大の建設コンサルタント会社である㈱復建技術コンサルタントから令和2年5月に分離独立した土木構造物の点検調査専門会社です。

わが国では高度経済成長とともに道路整備が進み、これまでに数多くの土木構造物が作られてきましたが、その土木構造物も年々老朽化が進行しており、今後はそれを健全に維持管理していくことが重要になってきています。

弊社はこのような土木構造物に関わる社会的要請に力強く応えるとともに、東北のインフラを支える優秀な人材を数多く育成していくことを社会的使命と考えています。

株式会社トラステック 代表取締役前田 知彦

会社概要

商号 株式会社トラステック
所在地 〒980-0011
仙台市青葉区上杉4-5-12 ザ・ブレナースパークグラン上杉2F
代表取締役 前田 知彦
創立年月日 令和2年5月1日
資本金 2,000万円
社員数 20名
主な事業内容
  • 土木事業に関する建設コンサルタント業務
  • 土木構造物の調査・試験・計測及び解析業務
  • パソコンによる各種計算・解析及び製図業務
技術者資格
  • 技術士 2名
  • RCCM 5名
  • コンクリート診断士 3名
  • 道路橋点検士 7名
  • インフラ調査士 3名
  • 一級土木施工管理技士 3名
  • 二等無人航空機操縦士 3名

会社の事業計画

事業の方向性

土木構造物は、橋梁、トンネル、カルバート、河川砂防施設、切土・盛土法面など多様な種類があり、いずれも定期的に点検しながら傷んだ箇所を修復するという丁寧なケアを地道に継続していくことが必要です。

弊社は「点検・調査」のスペシャリストとして、あらゆる土木構造物を点検・調査・診断のみならず、延命化を図るための補修対策設計に対応できるような、これからの社会インフラの維持管理に欠かせない存在を目指しています。

令和2年5月に誕生した弊社は最も得意とする橋梁の点検から始めましたが、現在ではトンネル、水管橋、道路標識や照明施設、カルバートなど対応領域は拡大しています。今後はドローン、レーザスキャナ、赤外線カメラ、生成AIなど様々な新技術を導入してDX化を進め、メンテナンスサイクル全体の効率化、高度化を進めていきます。

事業拡大イメージ

人材育成のコンセプト

医者がヒトの体をよく知っているように、土木構造物を守っていくためには土木構造物の構造・仕組みをよく知り、傷む原因などをよく理解して点検・調査を行っていく技術者の存在が不可欠です。

土木構造物の設計を得意とする㈱復建技術コンサルタントを親会社に持つ当社は、社内に設計・施工に精通した設計チームを設けており、土木構造物の構造・仕組みなどの知識や素養を学べる環境を整えています。

将来的には点検・調査~補修設計までをワンストップでサービスできる会社を目指しており、土木構造物の補修の方法や時期について適切な提案・マネジメントを行える、まさにこれからの時代に求められるような建設コンサルタントの育成に力を入れています。

会社の売上推移

設立当時より2.3倍に

Contact Usお問い合わせ

弊社へのご依頼や採用に関するご質問など
お気軽にお問い合わせください。